活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう

口と耳のリハビリ専門家

教材を持つ人

ニーズは拡大中

超高齢社会の到来を迎え、わが国ではリハビリテーション関連の専門職に対する需要が高まっています。中でも注目を集めているのが、言語聴覚士です。言語聴覚士は、主として言葉に関連した障害に係る機能回復訓練や生活支援などを担当する職種です。言葉を上手に発音できない、聞き取れない、正しく理解できないといった、口や耳に関する問題を解決するのに必要な検査やリハビリテーション、助言等を行います。子供の発達障害や高齢者の嚥下障害などにも対応します。言語聴覚士は1997年に制定された国家資格で、リハビリ関連の中では比較的新しい資格です。そのため医療機関等におけるニーズに対して専門家の数がまだ少なく、有資格者は就職市場において歓迎されています。言語聴覚士の資格は国家試験に合格すると得られますが、国が指定した養成学校で必要な単位を修得することが受験資格として定められています。養成学校は大学・短大・専門学校のいずれかで、学習期間は大学が4年間、短大が3年間、専門学校が3年または4年間となっています。なお、一般の4年制大学をいったん卒業した後に養成学校で学ぶ場合は、学習期間は2年間となっています。養成学校で学ぶための費用は各学校ごとに異なりますが、最も数の多い3年制の専門学校の場合、入学金も含めた初年度の学費が120〜150万円、2年次及び3年次がそれぞれ100〜120万円というのがおおよその相場となっています。一般的な傾向としては、国家試験の合格率や就職率の高い学校ほど評価が高く、受験生にも人気となっています。

Copyright© 2017 活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.