活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう

進学に迷う方に

大学生

それぞれの特徴

言語聴覚士になる為には、一般的に文部科学大臣が指定する学校に入学します。その他要件を満たしていると国家試験受験資格が得られます。その中でも専門的に学べる指定の学校で勉強するルートは、国家試験対策も充実しており最適の方法とも言えます。言語聴覚士を目指す方が学校選びで悩む1番の事は、大学か専修学校かです。どちらも卒業により言語聴覚士の国家試験受験資格が得られます。大学では4年制が基本であり、卒業により大卒となります。専修学校は3年制が多く4年制もありますが、卒業で得られる学歴は短大卒です。医療職において重要なのは資格の有無なので、学歴で給料や昇進に大きな差は生まれません。大学か専修学校かの議論についてはどちらが良いかという答えはなく、それぞれ異なる特徴があるという答えになります。大学では他の学部との交流もあり、また大学という特性上博士を取得する事が目的とも言えます。言語聴覚士に必要な専門的知識以外にも一般教養を学ぶ機会も多く、見識を広げる事ができます。色んな事にチャレンジする機会も多いのが特徴です。専修学校は資格を取得する事及び、就職する事に特化したカリキュラムが組まれています。言語聴覚士に必要な事に特化して学びたい方に向いているのが特徴です。それぞれにメリットがあります。自分の目指す未来や、学生としてやりたい事など優先度は個人差あります。それだけ自分に合った学校を選択できるという事です。

Copyright© 2017 活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.