ベビー専用の布団|赤ちゃんに優しい素材!

赤ん坊

赤ちゃんの睡眠環境

woman

下は固く上は軽く

赤ちゃんが生まれたら用意してあげたいのが、赤ちゃん用のベビー布団です。赤ちゃんは大人と違って関節が柔らかく柔軟です。大人用の柔らかい布団だと体が沈み込んでしまい、かえって体の発達を妨げる恐れがあります。そのため、敷布団にはやや固めのものを選びましょう。掛け布団は赤ちゃんにかけるものですからなるべく軽いものが良いでしょう。敷布団、掛け布団の他にも、枕、綿毛布、防水シーツ、キルティングマット、シーツなどがセットになってベビー布団として販売されています。見た目も可愛く赤ちゃんが喜びそうな、大人も見ていて楽しいデザインのものも多くあります。また、毛布やシーツ、など洗い替えが頻繁に必要なものは何枚かあると便利です。

寒さ対策

冬の寒い時期は特に赤ちゃんの寝冷えが心配です。そんな時はベビー用のスリーパーを着せてあげると良いでしょう。すっぽり赤ちゃんを包んでくれる着る毛布の様なものなので、赤ちゃんが動いても肌蹴ることがありません。掛け布団の素材も考えて選びましょう。羽毛の布団は軽くて保温性に優れていますし通気も良いので、汗かきの赤ちゃんでも蒸れずに過ごせるでしょう。ポリエステルのものはお手入れが簡単で、自宅でも洗濯できるのでおねしょや汗で汚れてしまっても安心です。ベビー用のドーナツ枕もあると便利です。赤ちゃんはだいたい向きぐせがありますので、向く方によって頭の形がいびつになっていきますが、ドーナツ枕を使うと綺麗な頭の形になります。1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんのために、良い環境を整えてあげましょう。