活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう

学生の進学先

勉強

学ぶ場所による違い

国家資格である言語聴覚士になる為には、まず国家試験を受ける為の受験資格を得る必要があります。様々な要件や基準をクリアする事で得られますが、多くの方が進むルートは指定学校への進学です。文部科学大臣指定の大学や専修学校で3年または4年間学びます。高等学校卒業した方は基本的にこの学校への進学が言語聴覚士になる最短コースです。大学か専修学校がありますが、どちらも卒業する事で受験資格が得られる事に変わりはありません。違いはカリキュラムです。専修学校では言語聴覚士に関する専門的な学習を行うカリキュラムが組まれています。言語聴覚士を目指す為の学校であり、国家試験対策や就職に特化しています。大学は1番に学士を取得する事が目的という特性があります。その為一般教養科目も多く、言語聴覚士以外の知識に触れる機会も多いです。大学では他の学部との交流もあり、見聞を広める事もできます。言語聴覚士の国家試験合格率は60%台です。これは既卒者も含まれており、新卒者では80%台です。専修学校と大学では専修学校がやや合格率は高いです。結局は個人差によりますが専門的に学ぶ所であり、大学と違い卒業論文が必要ないので国家試験対策に時間をまわせる事も要因と言われています。学校選びでは通える距離等も検討材料になります。総合的に考えてどの様に学生生活を送るかで選択は変わるでしょう。言語聴覚士一択であるか、それとも様々なチャレンジも希望するのか、自分と相談する事から始まります。

Copyright© 2017 活躍の場が多い職業|言語聴覚士になりたいなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.