ベビー専用の布団|赤ちゃんに優しい素材!

赤ちゃん

専用の寝具を

観葉植物

ベビー布団は赤ちゃん専用のふとんであり、赤ちゃんの体の未発達さや体温調節機能の未熟さを補うためにやや固めで汗をよく吸う薄手の素材のものがよい。大人がちょうどいい温度だと熱すぎることがあるので布団は別のほうがよい。セット売りがお得だが不要なものもあるので必要に応じて買い足すのがおすすめである。

Read

新しくきれいなものを買う

赤ん坊

新しい物を買う

赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごすことになるので、赤ちゃんが生まれたときには、新しいベビー布団を買うと良いです。古いものをお下がりでもらうのも、費用がかからず良いのですが、予算があるのであれば新しいものを購入してあげます。新生児の頃はほとんど動きませんし、布団で寝ていることが多いので、古いものよりも新しいものを用意してあげた方が、ハウスダストも気にならず、快適に過ごすことができるからです。また、大人用で寝かしつけをすることは、赤ちゃんにとっては重く感じることもあります。大人用のものは、清潔であるとも言えませんので、赤ちゃんには専用のベビー布団を用意する方が、まったく負担がなく、快適に寝ることができるのです。

赤ちゃんに負担がない

ベビー用の布団は、通常の布団とは違って、サイズが非常に小さくなっています。まだ乳児のころは、大きさもそれほど大きくありませんし、寝ているときに動き回るということもないので、小さい布団のサイズでじゅうぶんなのです。ベビー用の敷布団の固さは、少し固めになっていて、赤ちゃんにとって寝やすいようなつくりになっています。掛布団は、軽く、赤ちゃんがかぶっても重くないように配慮されてあります。どちらもサイズは小さいので、洗濯をしたり、外に干したりするような手入れも、非常にしやすくなっています。ベビー用の布団は、ほとんどの場合でセットで販売されています。セット売りになっているときには、夏場と冬場のかけ布団が入っているので、季節によって使い分けます。

赤ちゃん専用を選ぶ

woman

ベビー布団の特徴は、汗をかきやすい赤ちゃんに合わせて、通気性がよくなっています。赤ちゃんは発達途中なので、敷布団が柔らかいと身体が歪みやすく、体温調節ができないので、掛け布団が重いと熱がこもりやすくなるので注意が必要です。

Read

赤ちゃんの睡眠環境

woman

ベビー布団は掛け布団は軽く、敷布団は固めのものを選びましょう。枕や防水シーツ、キルティングマットなどがセットになったものが販売されています。冬は赤ちゃんが寝冷えしない様にスリーパーを着せてあげると良いでしょう。赤ちゃんに快適な環境を作ってあげましょう。

Read